【デレマス】はんなりとした古都出身のアイドル!小早川紗枝のプロフィール!

『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するアイドルの小早川紗枝について、プロフィール情報や作中の人物像、どういった経緯でアイドルになったのかなどをまとめています。

これまでに参加した楽曲や仲の良いアイドルたちについても触れていますので、小早川紗枝についてもっと知りたい方は、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

小早川紗枝のプロフィール

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

名前 小早川 紗枝(こばやかわ さえ)
タイプ キュート
身長 148cm 年齢 15歳
体重 42kg 学年 高校1年生
スリーサイズ 78 / 56 / 80 誕生日 10月18日
利き手 星座 てんびん座
出身地 京都府 血液型 AB型
趣味 日本舞踊
CV 立花理香

小早川紗枝のプロフィールはご覧の通り。

声優はWITH LINE所属の立花理香さんが担当しています。

総選挙での順位

第1回 圏外
第2回 圏外
第3回 中間発表47位
第4回 中間発表キュート15位
第5回 圏外
第6回 圏外
第7回 圏外

小早川紗枝はどんなアイドル?

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『アイドルマスター シンデレラガールズ』に初期のころから登場している小早川紗枝は、どんなアイドルなのでしょうか?

そこで、作中での会話などから小早川紗枝の性格や趣味、逸話をまとめてみました。

着物姿がとてもかわいいばかりでなく、はんなりとした京都弁を話す小早川紗枝のことを知ってもらって、彼女が持っている魅力を知ってくださいね!

古都で育ったお嬢様アイドル

小早川紗枝は普段から和服を着こなすアイドルで、寝るときもベッドでなく布団を使用し、琴や百人一首を得意とするなど、和テイストな日常生活を送っています。

京都にある実家はかなりの地主ということもあって、上品ではんなりした雰囲気を身に纏う小早川紗枝は、舞妓さんに憧れて芸事を習っていました。

芸者たちの話し方を真似ていたことから、今では上品な口調が独特のスタイルとなっており、はんなりとした奮起と上品さを感じさせるばかりです。

意外と小柄な小早川紗枝

普段着が和服メインとなっており、振る舞いもゆったりとした雰囲気になっているため、小早川紗枝は大人に見られることが多くあります。

しかし実際は15歳の高校1年生であり、身長148cmになっていて、意外に小柄でかわいらしいという言葉が似合います。

それだけに稀に見られる制服姿が眩しく、とても清楚な印象を受けることから、異なる魅力を見られるところが嬉しいところでしょう。

小早川紗枝がアイドルになった経緯

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

多くのアイドルがスカウトという形で芸能界入りを果たしていますが、小早川紗枝はどのような経緯でアイドル活動を始めたのでしょうか?

『アイドルマスター シンデレラガールズ』で活躍している小早川紗枝が、アイドルとして活動するまでの過去やデビューの経緯をまとめていきます。

培ってきた芸事を試したい

小早川紗枝はオーディションを受けてアイドルになっており、それまでは京都で幼いころから日本舞踊など、様々な芸事を習っていました。

両親から「京女は京都で通じればいい」と言われ続けていましたが、自分の芸がどこまで通じるのか確かたいという想いを持つと、オーディションを受けます。

アイドルになってからは、培ってきた着付けや京言葉を活かして時代劇の撮影などの活躍し、身につけた能力を遺憾なく発揮していくのでした。

活躍しながらも謙遜し続ける

小早川紗枝の初仕事は時代劇になっており、現場はスタッフ不足で混乱する状況でしたが、着付けや京言葉の指導をして収録を無事に終わらせます。

この活躍にスタッフや他の演者から感謝をされますが、小早川紗枝は「両親から教わったことで、自分の力ではない」と謙遜をするのでした。

習ってきた芸事がアイドル界でも通用するのだと自信を深めたでしょうが、評価されても慢心することなく、向上していこうと強く行動していることが窺えます。

小早川紗枝と仲の良いアイドルは?

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

京都独特のはんなりとした雰囲気に包まれた小早川紗枝ですが、『アイドルマスター シンデレラガールズ』で仲の良いアイドルは誰がいるのでしょうか?

ゲームでは様々なイベントでスペシャルユニットを組んで登場している小早川紗枝の、その中でも特に親交を深めているアイドルたちを紹介します!

塩見周子

塩見周子もまた京都府出身のアイドルで、同郷出身ということから、小早川紗枝とは仲良く過ごしている様子が描かれています。

しかし性格は自由で掴みどころがなく、何があっても自分を貫こうとするもので、小早川紗枝とは正反対であると言えるでしょう。

また普段の口調も京言葉が全面に出ている様子はなく、「そーなん?」など、時々見せる程度になっていますが、そこに魅力を感じてしまうばかりです。

輿水幸子

輿水幸子は「ボクはカワイイ!」など、発言の随所で自分のことを褒めちぎるナルシストが目立っているアイドルになります。

可愛いではなく「カワイイ」とカタカナ表記になっているのがポイントで、加えて相手を貶めるような発言も一切しません。

むしろ相手を褒めつつ、それ以上に自分を褒めたたえるというスタイルを取っており、そこか憎めないところを持っているのが魅力的です。

小日向美穂

TVアニメでは小早川紗枝と一緒に、すでに人気アイドルとして活躍していたのが小日向美穂で、彼女も熊本県出身ということもあり、女子寮で仲良く過ごしています。

アイドルとしてデビュー間もないころは、自分に自信を持てないキャラクターでしたが、少しずつ収録など場数をこなしていくことで、緊張を克服していくのでした。

強い癖を持っているわけではなく、恥ずかしがり屋な女の子という普通さが目立つ小日向美穂ですが、そんな純粋無垢な様子がプロデューサーの心を掴んでいます。

小早川紗枝が参加している楽曲について

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

お気に入りのアイドルをプロデュースして育てていくのが『アイドルマスター シンデレラガールズ』ですが、同時にキャラクターソングも大きな魅力です。

そこで小早川紗枝がこれまでに参加した楽曲は、どんなものがあるのかをまとめました!

人気曲や紗枝Pなら押さえておかなければならない楽曲を厳選して紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

花簪 HANAKANZASHI

小早川紗枝のソロ曲が「花簪 HANAKANZASHI」です。

サビでは「こんちきちん」というフレーズが耳に残りますが、これは祇園祭のクライマックスで見られる祭囃子をイメージした擬音のこと。

曲調に関しても出身地である京都を感じさせる雰囲気になっており、小早川紗枝のイメージにピッタリな曲に仕上がっていると感じるでしょう。

小早川紗枝(CV立花理香) / THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 029 小早川紗枝 [CD]

created by Rinker

あいくるしい

「あいくるしい」は小早川紗枝と佐久間まゆがデュエットをしている曲。

ピアノとストリングスが心地よい雰囲気を感じますが、優しい歌声から織りなされる歌詞は、切ない内容で構成されています。

「あい」がひらがなで表現されていますが、愛や哀など様々な解釈で捉えることができ、それぞれの心境を読み解く面白さもある1曲です。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 11 あんきら!?狂騒曲 [ (ゲーム・ミュージック) ]

created by Rinker

桜の頃

「桜の頃」は、小早川紗枝・依田芳乃・道明寺歌鈴・浜口あやめ・脇山珠美の5人組ユニット「桜霞」が歌っている曲。

メンバーは和を感じさせる顔ぶれが揃っており、曲自体も和をイメージして作られた楽曲であることから、他の楽曲とは異なる雰囲気を持っています。

演出も桜が咲き乱れている境内でパフォーマンスを披露しており、桜の花びらに包まれるような演出が綺麗であるばかりです。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 15 桜の頃/依田芳乃(高田憂希),小早川紗枝(立花理香),道明寺歌鈴(新田ひより),浜口あやめ(田澤茉純),脇山珠美(嘉山未紗)[CD]【返品種別A】

created by Rinker

まとめ

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するアイドル・小早川紗枝について、プロフィールや魅力などをまとめました。

見た目だけでなく言動からも京女と分かり、はんなりとした雰囲気からも和のイメージが真っ先に思い浮かぶのが小早川紗枝です。

しかし内には熱いものを秘めており、成長し続けたいという向上心を持っていることから、小早川紗枝の更なる飛躍に期待したいばかり。

また、意外と小柄であることや、時おり見ることができる制服姿など、ギャップに感じる部分が多いのも彼女の魅力と言えるでしょう。

これからも小早川紗枝がステージの上でひときわ輝くため、プロデューサー諸氏は彼女を精いっぱい応援してあげてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました